森の宮皮フ科クリニック

皮膚科・美容皮膚科・小児皮膚科・形成外科・アレルギ―科
  • 〒177-0041 東京都練馬区石神井町3-21-9 第3島光ビル5階
  • ご予約・お問合せ
    tel03-3996-1112

森の宮皮フ科クリニック

電話アイコン電話する アクセス

森の宮だより

Clinic Blog

悪性腫瘍 基底細胞がん

基底細胞がんは皮膚がんの一種です。

皮膚は、表面に近い部分から、表皮、真皮しんぴ、皮下組織に分かれます。基底細胞がんは、表皮の一番下の層にある基底細胞や、毛包(毛根を包む組織)を構成する細胞から発生する腫瘍しゅようです

体の表面のどこにでもできますが、顔に発生することが多いがんで、転移することはまれです。発生要因としては、紫外線、放射線などが関係していると考えられています。

 

〈症状〉

基底細胞がんの多くは、わずかに盛り上がった直径1~2mm程度の黒い点が、皮膚の表面にあらわれます。次第に数個の黒い点が集まり、円や楕円の形に広がります。さらに進行すると中央がへこんで潰瘍化します。

 

症例①

↓上の写真を拡大撮影したものです。

症例②

 

症例③

 

〈検査〉

基底細胞がんが疑われた場合には、ダーモスコピー検査が行われます。ダーモスコピー検査とは、ダーモスコープというライトがついた拡大鏡を使って、皮膚の状態を詳しく観察する検査です。ライトを当てながら、病変部を10~20倍程度に拡大して詳しく観察します。悪性かどうか、目で診察した場合よりよく分かります。

ダーモスコピー検査でも診断が難しい場合には、皮膚の生検を行います。

 

〈治療〉

通常病変辺縁より3~5mm離した手術により切除することが一般的です。

手術で病変の取り残しがないことが確認できれば、その後は定期的な経過観察を行います。

切除が困難な部位に発生した例や、年齢や合併症などで手術が難しい場合は放射線で治療することもありますが、手術にくらべ根治性は劣ります。

極めてまれですが、局所進行性の病変や転移をきたした例に対して抗癌剤による治療が行われることがあります。

 

〈予後〉

転移を生じることはほとんどないため生命予後は良好です。しかし切除しない限り正常組織を破壊しつつ無制限に増殖するので、早期の外科的治療が必要となります。

 

 

きになる症状等あれば、一度診察にお越しください。

 

医療法人社団伸緑会 森の宮皮フ科クリニック(練馬区石神井公園駅徒歩30秒)

(旧 緑の森皮フ科クリニック)

保険診療はもちろん、できものの検査・手術や美容のご相談など、お気軽にお越しくださいませ。

ご予定がおわかりになる患者様はご予約(電話予約可)していただききますと、よりスムーズにご案内できます。

美容カウンセリングを含む美容施術は完全予約制となっております。

保険内での診察は予約なしでも診察させていただきます。(アイチケットで来院前の順番取りも可能です)

一般皮膚科・美容皮膚科・小児皮膚科・形成外科・アレルギー科

院長 大垣淳

TEL 03-3996-1112

FAX 03-3996-1113