森の宮皮フ科クリニック

皮膚科・美容皮膚科・小児皮膚科・形成外科・アレルギ―科
  • 〒177-0041 東京都練馬区石神井町3-21-9 第3島光ビル5階
  • ご予約・お問合せ
    tel03-3996-1112

森の宮皮フ科クリニック

電話アイコン電話する 予約する

ピコレーザー(ピコシュアPicosure®)

Picosure®

ピコレーザー(ピコシュアPicosure®)当院オススメのシミ治療その3

ピコレーザー(ピコシュアPicosure®)とは

施術直後からメイクができ、絆創膏も不要なシミ治療です。シミだけでなく、くすみや小じわ、毛穴の開きなど、様々な肌の悩みに対して治療を行うことができる機器です。

当院でのピコレーザー(ピコシュアPicosure®)は、患者様からいただく以下のようなお悩みを解決するために考案された最新のシミ治療です。

  • しみやそばかすを取りたいけど、絆創膏はしたくないしメイクもしたい
  • 従来のレーザー治療・光治療では効果を感じられなかった
  • 肌のくすみを改善したい
  • 肝斑を治療したい
  • ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)や青あざ(太田母斑)を改善したい
  • 小じわが目立つようになってきた
  • ハリのあるお肌に憧れる
  • キメ細かいお肌に憧れる
  • 毛穴の開きや黒ずみが目立つ
  • ニキビ跡を改善したい

ピコレーザーの特徴

  • シミ治療におけるダウンタイム(絆創膏を貼る期間)がないため、施術翌日からお化粧が可能。
  • シミやそばかすの治療と同時に、お肌のくすみの改善・毛穴の改善としても効果が期待でき、美肌を維持するための日々のお手入れの一環として定期的に受けて頂けるのも最大の特徴です。
  • フォーカスモードという照射モードにより、周囲への皮膚を傷つけずに、最小限のダメージでの小じわ、毛穴の引き締め、ニキビ跡の改善などのリジュビネーション治療が可能です。
Picosure®
図1:Picosure®

当院のピコレーザーは数あるピコレーザー(ピコ秒レーザー)の中でもシミ・しわ・ニキビ跡・タトゥー除去の分野において米国FDA(日本の厚生労働省のような組織)の認可を取得している唯一の機器であるピコシュアPicosure®(図1)を用いて治療を行っています。トレーニングを積んだスタッフが治療を行うため、安全な施術が可能です。ピコシュアはレーザー業界世界最大手の「サイノシュア社」が開発した医療用レーザー機器で、一般的なIPL(ミリ秒の光治療)やQスイッチレーザー(ナノ秒のレーザー治療)よりも1000分の1秒早い、1兆分の1秒という単位でレーザーを瞬時に照射できる点が特徴です。照射時間が短いため、お肌への負担を減らし、効率よく施術を行うことができ、施術後に絆創膏をする必要もなくそのままご帰宅でき、翌日にはメイクも可能です。
さらにピコシュアには3つの照射モードが搭載されており、シミだけでなく、くすみや小じわ、毛穴の開き、ニキビ跡など、様々な肌の悩みに対して治療を行うことができます(図2)。

ピコレーザー治療後
ピコレーザー治療後
ピコレーザー治療後
ピコレーザー治療後
ピコレーザー治療後
ピコレーザー治療後
ピコレーザー治療後
図2:ピコレーザー治療後

ピコシュアPicosure®の特徴

レーザー業界世界最大手:サイノシュア社が発明したピコシュアPicosure®は世界初のピコ秒レーザーであり、すでに多くの目覚ましい治療成績を上げ、米国FDA(日本の厚生労働省のような組織)の認可も受けています。他社にもピコ秒レーザー(enLIGHTen:エンライトン、DiscoveryPICO:ディスカバリーPICO、PicoWay:ピコウェイ)が存在しますが、「色素性病変(シミ等)」「しわ」「ニキビ跡」と幅広い分野で認可を受けているのはピコシュアPicosure®のみです。

1施術後のテープ保護が不要

従来のしみ治療で使用されていた「Qスイッチレーザー」はレーザーを照射した部位のメラニンに熱エネルギーを発生させることで、その色素を破壊するものでしたが、ピコシュアPicosure®は熱ではなく衝撃波でメラニンを砕きます。そのためQスイッチレーザーの治療後に必要だった絆創膏での保護が必要なくなりました。翌日からお化粧も可能です。
またピコシュアPicosure®の衝撃波は従来のQスイッチレーザーに比べ、瞬時にメラニン色素を細かく粉砕することができます。

2フラクショナル照射でもダウンタイムは最小限

ピコシュアPicosure®ではお肌への負担が最小限に抑えられているため、シミ治療と同時にフラクショナル照射が可能になりました。従来のフラクショナルレーザーは肌に微細な穴をあけ肌の再生を促す治療のため、その部分がかさぶたになり1週間程のダウンタイムがありました。ピコシュアPicosure®でのフラクショナル照射(ピコフラクショナル)は肌表面ではなく、肌の内側に空砲をつくるため、肌表面にかさぶたが出来ることはなく、ダウンタイムも数日赤みが続く程度に抑えて治療することが可能です。

3肌表面だけでなく真皮層にも働きかける

ピコシュアPicosure®を照射した後は、肌表面だけでなく真皮層にもその影響が及ぶため、コラーゲンやエラスチンの生成が促進され、肌のハリや弾力の向上・毛穴の開き・ニキビ跡の改善などの効果が期待できるため、肌質そのものが改善されていきます。

4安全性・効果が認められたレーザー機器

ピコシュアPicosure®は、米国FDA(日本の厚生労働省のような組織)に、色素性病変(シミ・肝斑等)・しわ・ニキビ跡に関する承認を受けています。ピコ秒レーザーは日本国内でも数多くのレーザー機種がありますが、広い分野でFDAの認可を受けているのはピコシュアPicosure®のみです。

当院のピコレーザー(ピコシュアPicosure®)はこのような方にオススメです。

  • シミが多発している、そばかすが広い範囲にある
  • シミだけでなく、くすみや小じわ、毛穴の開き、ニキビ跡、肌のキメなど同時に整えたい
  • 肌全体の若返り治療をしたい
  • ダウンタイムなく治療したい
  • なんとなくシミ治療をしたいけど、何から始めれば良いかわからない

3種類の照射方法で様々なお肌悩みを解決

ピコレーザーにはピコスポット・ピコトーニング・ピコフラクショナルの3つの施術モードが搭載されています。患者様のお肌の悩みや治療の目的にあわせて最適なものを選択することが可能です。

1【ピコスポット】シミ・そばかす

ピコスポットは、シミや、そばかすなどをピンポイントで除去する施術です。従来のQスイッチレーザーが肌に熱エネルギーを与えることでシミを治療するのに対して、ピコレーザーでは衝撃波によって、シミ・そばかすの原因であるメラニン色素を破壊するため、熱への変換がそれほど行われず、ダウンタイムが短い点も特徴です。
Qスイッチレーザーなど一般的なしみ取りレーザーと異なり、治療後に絆創膏で保護する必要がなく、翌日からお化粧も可能です。お仕事などでお顔に絆創膏を貼れない患者様にもお受けいただけます。
ピコスポットのみでは全てのシミが取りきれるわけではなく、色むらが残る場合がありますので、当院ではピコトーニングを併用して徹底的にホワイトニングしていくことをお勧めします。

2【ピコトーニング】シミ・くすみ

ピコトーニングは、一般的なレーザートーニングの上位互換で、顔全体に点在するシミやくすみなどの改善に効果的です。低出力のピコレーザーを顔全体に照射することで、顔中に広がるメラニン色素を除去します。シミ・そばかすだけではなく肌のくすみなどにも作用し、全体的なトーンアップにも効果が見込まれます。

3【ピコフラクショナル】小じわ・毛穴の開き・ニキビ跡

ピコフラクショナルは、小じわ・毛穴の開き・ニキビ跡などの改善に適した治療法です。レーザーを点状照射(フラクショナル照射)することで、コラーゲンの産生を促進させます(図参照)。この働きによって小じわや毛穴の開き、ニキビ跡などを改善する効果が見込まれます。
従来のフラクショナルレーザーは肌に微細な穴をあけ肌の再生を促す治療のため、その部分がかさぶたになり1週間程のダウンタイムがありました。ピコシュアPicosure®でのフラクショナル照射は肌表面ではなく、肌の内側に空砲をつくるため、肌表面にかさぶたが出来ることはなく、数日赤みが出る程度に抑えて治療することが可能です。

3【ピコプレミアム】

肌の状態に合わせて、「ピコスポット」、「ピコトーニング」「ピコフラクショナル」を組み合せて治療します。早く効果を出したい方、ダウンタイムを極力短くしたい方、従来のレーザー治療・光治療では効果を感じられなかった方などに特におすすめです。

治療の流れ

Step01予約・お問い合わせ
基本的に予約制のため、受診の前にあらかじめ予約することをお勧めします。
Step02来院・診察・
カウンセリング
医師・スタッフが患者様の悩みと治療の目的を把握したうえで、肌状態やお顔の構造などを考慮し、あなたに合った治療計画が提示されます。使用する機器とその特徴、メリット・デメリット、治療にかかる時間や費用、術後の経過、治療前後の注意点などをお伝えし、内容をご理解いただいた上で治療の同意書にサインをいただきます。
シミと一口に言っても、一人一人様々です。当院でのシミ治療は、ピコレーザー(ピコシュアPicosure®)の他に、Qスイッチアレキサンドライトレーザー、Qスイッチヤグレーザー、サージトロン、スーパーフォトセラピーなど、シミ治療機器を多数揃えております。それぞれに治療が得意なシミの種類がありますので、当院では施術の前に担当医がお肌の状態を診察した後、適切な治療法をご提案します。そのため場合によってはピコレーザー(ピコシュアPicosure®)以外の治療をこちらからご提案することもあります。
Step03洗顔・メイク落とし
メイクをしている場合はクレンジングでしっかりとメイクを落とします。すっぴんの状態でも、洗顔して皮脂や汚れを落とした清潔な状態にします。
Step04治療
ピコレーザー(ピコシュアPicosure®)の施術をします。
施術時間は照射方法の組み合わせによりさまざまで、
ピコスポット:5〜25分ほど(治療するしみの数によって異なります)
ピコトーニング:10分ほど
ピコフラクショナル:15分ほど
ピコスポット+ピコトーニング+ピコフラクショナル全てを行った場合ですと30分~45分ほどです。
Step5治療後
洗顔します。施術後すぐにメイクをしてお帰りいただけますが、当日はお肌を休ませ、翌日から行うことをお勧めします。

副作用・リスクについて

  • 施術時に多少のまぶしさ・痛み
  • 軽い赤みやヒリヒリ感→数時間から数日で解消
  • シミの部分がかさぶたになる→1週間程度で自然に剥がれるので、無理に剥がさない
  • 色素沈着→紫外線対策
  • 皮膚の損傷・傷跡
  • 稀に水ぶくれ
  • 稀にうぶ毛の濃い部位に毛包炎
  • 軽度の浮腫
  • 紅斑・紫斑
  • 照射後数ヶ月ほどしみが濃くなったり肝斑が濃くなる可能性
  • 照射後数ヶ月ほど赤みやしみが濃くなったり肝斑が濃くなる可能性
  • シミの再発
  • シミが取りきれない可能性
  • 照射後、正常色素が抜けて皮膚が白く抜ける可能性

この治療は、国内未承認医薬品または医療機器を用いて施術を行います。治療に用いる医薬品および機器は当院医師の判断の元、個人輸入手続きを行ったものです。個人輸入において注意すべき医薬品等について詳しくは以下ををご覧ください。

費用について

ピコレーザー(ピコシュアPicosure®)
しみ・そばかす、肝斑の治療

1-2か月に1回の施術をおすすめします。

初診料 2,000円 再診料 1,000円
診察のみでの来院の場合には上記の診察料が別途かかります。
なお、施術を受けられた日は、初診料・再診料はかかりません。
※自費治療での施術は原則として予約制となります。お電話にてご予約ください。
ピコトーニング
肝斑・くすみの治療
全顔(約20-30分)
料金 ご紹介割引料金
初回 [料金] 19,000円 [ご紹介割引料金] 17,000円
3ヶ月以内の再診 [料金] 22,000円 [ご紹介割引料金] 20,000円
3ヶ月以上の再診 [料金] 28,000円 [ご紹介割引料金] 26,000円
6回セット
※購⼊⽇から1年6か月有効
168,000円→108,000円(1回18,000円)
※スーパーフォトセラピーと
レーザートーニングの併用可
ピコスポット
絆創膏のいらないシミ治療
基本手技料 2,200円
料金
5mmごと [料金] 9,900円
顔中打ち放題 [料金] 99,000円
ADM(⿐・頬のみ) [料金] 1回 20,000円(⾃費)
  • 治療カ所が複数ある場合⼤きさの合算で計算します。
    例: 6mm,4mm,2mmのしみの場合、合計12mmのため31,900円です。
ピコフラクショナル
⼩じわ・肌の凹凸・肌のハリ治療

1ヶ⽉に1回、3回程度の施術をおすすめします。

料金
初回トライアル 19,000円
全顔 40,000円
ピコダブル
(ピコトーニング+フラクショナル)

それぞれ1-2ヶ月、2-4週間に1回の施術をおすすめします。

料金
くすみ・⽑⽳の同⽇治療 [料金] 34,000円→28,000円
ピコデラックス
(スポット+ピコトーニング)

それぞれ1-2ヶ月、2-4週間に1回の施術をおすすめします。

料金
くすみ・しみの同⽇治療 [料金] 127,000円→109,000円
ピコプレミアム
(スポット+ピコトーニング+フラクショナル)

それぞれ1-2ヶ月、2-4週間に1回の施術をおすすめします。

料金
しみ・くすみ・⽑⽳をすべて同⽇治療 [料金] 167,000円→119,000円

よくある質問 Q & A

Q1どのくらいの間隔で何回続ける必要がありますか?

A1

施術間隔や回数については、ご相談内容により変わってきます(下記に目安がございます)。
その後はお肌の若返り(リジュビネーション)効果により、肌を良い状態に維持するため定期的な施術をお勧めします。

<治療の目安>
刺青治療:3−5回(1ヶ月に1回)
ピコスポット(局所的なシミ取り):1、2回(1ヶ月に1回)
ピコトーニング:6回(1ヶ月に1回)
ピコフラクショナル:6回(1ヶ月に1回)
※症状により前後する場合があります。

Q2どの部分に照射しますか?

A2ピコスポット治療では、シミの部分のみに照射しますが、ピコトーニングはくすみ、ピコフラクショナルは小じわ、毛穴の引き締め、ニキビ跡の改善などの肌全体の若返り(リジュビネーション)効果もあるため、シミのない部分も含めてお顔全体に照射することができます。

Q3痛みはありますか?

A3

ピコスポット:輪ゴムでパチンとはじかれるような痛み
ピコトーニング:照射部位がチリチリするような痛み
ピコフラクショナル:照射部位がジリジリするような痛み

痛みの感じ方には個人差がありますが、通常は施術後にお冷やしすることで対応可能なことが多いです。痛みの気になる方(特にピコフラクショナル)は、施術前に麻酔のクリームをつけていただき、痛みを最小限に抑えて治療を受けることができます。

Q4ピコレーザーのダウンタイムを教えてください。

A4刺青治療、ピコスポットの場合は1週間ほど、かさぶたになりますが特に絆創膏やガーゼで保護する必要はなく翌日からお化粧していただいて結構です。ピコトーニング、ピコフラクショナルの場合は、数日赤みが出る程度でほとんどダウンタイムはありません。

Q5治療の流れを教えてください。

A5洗顔後、メイクを落としていただき、医師の診察後に照射を行います。施術時間は照射方法の組み合わせによりさまざまで、ピコスポット+ピコトーニング+ピコフラクショナル全てを行った場合ですと30分~45分ほどです。

Q6治療後の注意点はありますか?

A6スキンケアとして、治療後なるべく日焼けは避けていただきます。また洗顔やメイク落としの際にこすり過ぎないよう注意しましょう。

Q7他のシミ治療との違いについて教えてください。

A7シミと一口に言っても、一人一人様々です。当院でのシミ治療は、ピコレーザー(ピコシュアPicosure®)の他に、Qスイッチアレキサンドライトレーザー、Qスイッチヤグレーザー、サージトロン、スーパーフォトセラピーなど、シミ治療機器を多数揃えております。それぞれに治療が得意なシミの種類がありますので、当院では施術の前に担当医がお肌の状態を診察した後、適切な治療法をご提案します。そのため場合によってはピコレーザー(ピコシュアPicosure®)以外の治療をこちらからご提案することもあります。

Q8顔全体でなくても、部分的にピコレーザーを当てることは可能ですか?

A8もちろん可能です。お顔のシミを部分的に取りたいけれども、絆創膏はしたくないという方におすすめです。ピコスポットのみでは全てのシミが取りきれるわけではなく、色むらが残る場合がありますので、当院ではピコトーニングを併用して徹底的にホワイトニングしていくことをお勧めします。

Q9ピコレーザーが受けられない方はいますか?

A9光過敏症・光アレルギーの方、妊娠・授乳中の方、ケロイド体質の方、てんかん・光に当たると痙攣を起こしやすい方、過度の日焼けをされている方、金の糸を使用した経験のある方、血液をサラサラにするお薬を内服中の方、ペースメーカー装着ならびに重篤な心疾患をお持ちの方、治療部位にヘルペスをお持ちの方、などです。 大変恐れ入りますが、当院では安全性を第一に考え、該当する方の施術は行っておりませんので、あらかじめご了承ください。

Q10ピコレーザーが自分に合っているかわかりません。

A10当院は施術の前に担当医がお顔の皮膚症状を丁寧に診察した後、治療の適応を判断します。そのため 症状に合わせた治療方法を提案いたしますので、ご自身にどんな治療が向いているのかについてもお気軽にご相談ください。

Q11ピコトーニングだけで肝斑は良くなりますか?

A11肝斑は体質に依存しており、女性ホルモン、紫外線、摩擦など様々な面が関与しています。肝斑のコントロ-ルのためには普段のスキンケアや、飲み薬、塗り薬や美白剤の導入治療など従来の手法を組み合わせると効率が良いでしょう。

Q12ピコレーザー(ピコシュアPicosure®)と他の施術を組み合わせることは可能ですか?

A12ピコレーザー(ピコシュアPicosure®)はイオン導入などと併用することで、より高い効果を期待できます。
ご予約はこちら
03-3996-1112