森の宮皮フ科クリニック

皮膚科・美容皮膚科・小児皮膚科・形成外科・アレルギ―科
  • 〒177-0041 東京都練馬区石神井町3-21-9 第3島光ビル5階
  • ご予約・お問合せ
    tel03-3996-1112

森の宮皮フ科クリニック

電話アイコン電話する アクセス

森の宮だより

Clinic Blog

スピロノラクトン・イソトレチノイン -当院で新しいニキビ治療が始まります-

| ニキビ内服薬について

ニキビは皮脂が毛穴に詰まることでおこります。また、男性ホルモンは皮脂の分泌量を増やします。

そのため、皮脂の分泌量を抑えていくのが大まかな内服薬での治療となります。

 

当院ではニキビの内服薬として2種類の薬を用意しております。

①男性ホルモンを抑える抗アンドロゲン剤(スピロノラクトン)

②皮脂腺の強力な縮小作用を有するイソトレチノイン(イソトロイン)

どちらを使用するかはその方のニキビの特性等を踏まえて選択していきます。まずはカウンセリングの上で症状に応じた薬を処方しております。

当院では、ニキビ治療において、まずは通常の保険診療から治療を開始しますが、他の治療法が有効でない難治な重症のニキビに限り、こうした内服薬を治療の選択肢としてご提案し、ご納得いただいた上で治療に臨まれる患者さんにのみ処方いたします。

 

 

上記の図は、Global Alliance(世界のにきびの専門家による研究組織)ニキビ治療のアルゴリズムです。国際的なガイドラインとして頻用されています。
 レチノイド外用:日本ではディフェリンゲル®
 BPO(過酸化ベンゾイル):日本ではベピオゲル®
 代替レチノイド外用薬、アゼライン酸:日本では未承認
赤丸の抗アンドロゲン薬、レチノイド内服が今回のお話となります。

そして、このガイドラインでは、重症のニキビの治療ではイソトレチノインの内服(上図におけるレチノイド内服)が第一選択肢となっています。

ただし、日本では未承認の治療薬であり、医師が輸入し患者さんに処方することを除いて、患者さん個人が輸入することは禁止されております。

そのため、 自費診療 という形ではありますが、当院でもスピロノラクトンとイソトレチノインの内服治療を行うことができます。

 

抗アンドロゲン剤(スピロノラクトン、アルダクトンA、アポラスノン)

スピロノラクトンは本来は高血圧の治療に用いられる利尿効果のある薬です。別の働きとして、男性ホルモン作用をブロックする作用があり、その作用を利用してニキビの原因となる男性ホルモンの働きを抑え、大人ニキビを改善します。その効果は非常に高く、中止後もリバウンドが起きにくいのも特徴です。
生理不順が起こることがありますので基本的に低容量ピル(マーベロン)と併用していただきます。

<抗アンドロゲン薬内服の作用機序>
アンドロゲンとは、DHEA、アンドロステンジオン、テストステロンなどの男性ホルモンの総称です。アンドロゲンは女性でも卵巣や副腎皮質などで作られています。アンドロゲンがアンドロゲン受容体に結合することにより、結果として皮脂の分泌量を増やし、毛穴を詰まらせることでニキビの発症につながります。

<治療の適応となる方>
生理周期でニキビが悪化する方
顎周り、口周りのニキビが治りにくい方

<料金>
スピロノラクトン5,600円+税(100mg, 28日分)、1錠(25mg)50円
※治療効果によっては1日200mgまで増量する場合があります。

マーべロン3,000円+税(28日分)

<内服できない方、副作用・注意点>
男性の方、高齢の方、妊娠・授乳中の方、過去にスピロノラクトンで問題があった方
減塩療法中・高カリウム血症の方、心疾患・腎疾患・副腎疾患・肝疾患のある方
喫煙されている方・40歳以上の方

<マーベロンについて>
生理前に悪化しやすい、生理不順があるなど性ホルモンの影響が強く従来の治療で改善しない女性のニキビに対し、低用量ピルを飲むことにより黄体ホルモンの働きを抑制することによりニキビを改善を目指す治療です。マーベロンは他の低用量ピルに比べ、ニキビの一時的な悪化が起こることが少ないため使用されます。
ピルと効くと副作用を思い浮かべてしまう方も多いかと思いますが、現代のピルは低用量であり、副作用もほとんどありません。 しかし、全くないわけではありませんし、副作用が起きやすい方は内服が出来ません。
1日1錠、21日(偽薬も含めたシートの場合は28日)内服します。

<マーベロンの副作用>
一般的な副作用として、飲み始めの時期には吐き気や頭痛、だるさ、むくみなどのつわりによく似た症状がよく見られます。早くて2-3日、長くても1カ月程度で気にならなくなります。

まれにみられる重大な副作用として血栓症(ふくらはぎの痛み・むくみ、手足のしびれ、鋭い胸痛、突然の息切れ、押しつぶされるような胸の痛み、激しい頭痛、めまい、失神、目のかすみ舌のもつれなど)、子宮頸癌、乳癌など。

 

イソトレチノイン(イソトロイン)

イソトレチノインはビタミンA誘導体を含む内服薬で、重症のにきびの治療に使用します。女性の大人ニキビにはホルモン治療をお勧めする場合もあります。
1クール6か月となります。内服中の効果は非常に高い薬剤です。再発率は文献にもよりますが30%前後です。再発した場合もう1クール追加する場合もあります。
日本では認可されておらず、また、個人輸入も禁止されております。しかし、医師が輸入し個人に処方することは認められています。

<レチノイドの作用機序>
皮脂を作る皮脂腺を縮小させ、また角化を抑制することにより、にきびを劇的に改善します。

<料金>
¥15,000+税 (1日20mg、30日分)
※治療効果によっては1日40㎎まで増量することもあります。

<内服できない方、副作用・注意点>
・催奇形性があるため、妊娠されている方、近いうちの妊娠を望んでいる方、授乳中の方は内服できません。
・内服終了後も半年間は避妊が必要です。内服中および内服終了後半年間は献血ができません。男性も内服中はパートナーを妊娠させないでください。
・15歳未満の方、成長期で身長が伸びている方
・パラベン・大豆・ピーナッツアレルギーのある方
・テトラサイクリン系の薬剤、副腎皮質ステロイド、フェニトイン、総合ビタミン剤(ビタミンA)を内服している方
・うつ病、その他精神疾患で治療中の方
・脱毛中の方(光の感受性が高まるため、シミや色素沈着の原因となることがあります)
・レーシック手術の前後6カ月は服用できません

 

治療の流れ (2種類とも共通)

①診察。保険診療をでの治療経験がない方はまずは保険診療の範囲内での治療をお勧めする場合もあります。

②記録写真撮影。

③治療を始める前の血液検査および注意点の説明、お薬の処方。

④内服開始(女性の場合は月経のタイミングにより開始日が変わります。)

⑤1ヶ月ごとに受診。血液検査。記録写真撮影。

ニキビ治療は程度にもよりますが、どれも効果判定に最低3カ月はみていただいております。スピロノラクトンの場合、ニキビの新生が止まっていれば薬を減らします。新生が止まっていない場合は薬を増やすこともあります。

気になっている方はお早目の来院をおすすめします。

今回ご紹介した内服以外にも外用薬や自費施術等ご用意がありますので、まずは診察におこしください♪

自費施術の場合、18歳未満の方は保護者の同意書へのサインが必要となりますのでご希望の場合は一緒に来院されるとスムーズです。

 

 

 

 

医療法人社団伸緑会 森の宮皮フ科クリニック(練馬区石神井公園駅徒歩30秒)

(旧 緑の森皮フ科クリニック)

保険診療はもちろん、できものの検査・手術や美容のご相談など、お気軽にお越しくださいませ。

ご予定がおわかりになる患者様はご予約(電話予約可)していただききますと、よりスムーズにご案内できます。

美容カウンセリングを含む美容施術は完全予約制となっております。

保険内での診察は予約なしでも診察させていただきます。(アイチケットで来院前の順番取りも可能です)

一般皮膚科・美容皮膚科・小児皮膚科・形成外科・アレルギー科

院長 大垣淳

TEL 03-3996-1112

FAX 03-3996-1113