緑の森皮フ科クリニック

皮膚科・美容皮膚科・小児皮膚科・形成外科・アレルギ―科
  • 〒177-0041 東京都練馬区石神井町3-21 第3島光ビル5階
  • ご予約・お問合せ
    tel03-3996-1112

緑の森皮フ科クリニック

電話アイコン電話する アクセス

緑の森だより

Blog

乳児湿疹

|どんな症状?
生後間もないお子様でお困りのことの1つに、乳児湿疹による肌荒れがあります。新生児では、体を包む表皮の厚みはサランラップよりも薄く、よだれや食べ物、排泄物、衣類などの刺激で容易に荒れてしまいます。また小さい頃は皮膚表面の酸性膜の形成が不十分であり、細菌感染を非常に受けやすい状態です。

|原因
乳児期は皮脂分泌が盛んと言われますが、入浴後はどんな時期でも肌は乾燥します。また生後3ヶ月をすぎると皮脂の分泌は低下し始め、このころから全身の乾燥肌が目立ち始めます。このように、お子様の肌は日齢・月齢に応じて大きく変化しますので、時期に合わせた適切な治療を行っていく必要があります。

|治療
皮膚が荒れたままでいると、そこからアレルゲンが入りこみ、アレルギー体質になってしまうという報告もあります。そのため当院では、小さいうちから「病気になりにくい肌」を作っていくことを目標としております。乳児湿疹の治療は石鹸やシャンプーを用いた適切な入浴と、塗り薬によるスキンケアを中心に行なっていきます。

 

 

 

 

 

緑の森皮フ科クリニック(練馬区石神井公園駅徒歩30秒)

保険診療はもちろん、できものの検査・手術や美容のご相談など、お気軽にお越しくださいませ。

ご予定がおわかりになる患者様はご予約(電話予約可)していただききますと、よりスムーズにご案内できます。

一般皮膚科・美容皮膚科・小児皮膚科・形成外科・アレルギー科

院長 大垣淳

TEL 03−3996−1112

FAX 03−3996−1113