緑の森皮フ科クリニック

皮膚科・美容皮膚科・小児皮膚科・形成外科・アレルギ―科
  • 〒177-0041 東京都練馬区石神井町3-21 第3島光ビル5階
  • ご予約・お問合せ
    tel03-3996-1112

緑の森皮フ科クリニック

電話アイコン電話する アクセス

緑の森だより

Blog

帯状疱疹(たいじょうほうしん)

小さい頃に水痘(水ぼうそう)にかかった、あるいは水痘ワクチン接種により体内に潜伏しているウイルスが、体調の変化、疲れ、免疫の低下などを契機に活性化され、主に神経の支配領域にそって帯状に症状が現れます。症状としてはピリピリとした痛み、赤み、水ぶくれ、かさぶた、血疱(けっぽう)、痂皮(かさぶた)などがあり、患部に細菌感染をきたすこともあります。治療はウイルスを退治するための飲み薬と、患部の状態に合わせた塗り薬を使用します。

 

 

発疹が治っても、数ヶ月はピリピリとした痛みが残ることがあります(帯状疱疹後神経痛)、通常の痛み止めでは治りにくい痛みであることが多く、痛みの性状に応じた飲み薬を検討します。

 

 

 

緑の森皮フ科クリニック(練馬区石神井公園駅徒歩30秒)

保険診療はもちろん、できものの検査・手術や美容のご相談など、お気軽にお越しくださいませ。

ご予定がおわかりになる患者様はご予約(電話予約可)していただききますと、よりスムーズにご案内できます。

一般皮膚科・美容皮膚科・小児皮膚科・形成外科・アレルギー科

院長 大垣淳

TEL 03-○○○○-○○○○