緑の森皮フ科クリニック

皮膚科・美容皮膚科・小児皮膚科・形成外科・アレルギ―科
  • 〒177-0041 東京都練馬区石神井町3-21 第3島光ビル5階
  • ご予約・お問合せ
    tel03-3996-1112

緑の森皮フ科クリニック

電話アイコン電話する アクセス

緑の森だより

Blog

発毛治療

当院では発毛治療も積極的に行なっています。

男性型の抜け毛、薄毛の患者様はもちろん、女性の薄毛・産後の抜け毛などにも対応しています。

 

|男性の発毛治療 -AGA治療を中心に-
男性の発毛治療で最も多いのが、男性型脱毛症(AGA)です。男性ホルモンが原因で毛髪の成長が阻害され、細くコシのない毛となってしまいます。特にこめかみ(前頭部)や頭頂部では男性ホルモンの感受性が高く、このためAGAでは同部位の薄毛が進行します。
この男性ホルモンの作用を抑えるのが、プロペシアザガーロという飲み薬です。プロペシアは2種類ある男性ホルモン受容体のうち2型の受容体を選択的に阻害、ザガーロは1型・2型の両方を阻害し、頭髪での男性ホルモンの作用を抑えることで発毛効果を発揮します。
これら飲み薬を治療の中心として行なっていきますが、持病により飲み薬の服用が難しい場合には、成長因子による毛髪の成長・頭髪の血流改善を期待した育毛剤栄養剤を使用します。
またこれら成長因子の含まれた育毛剤は、AGAだけでなく壮年期の育毛治療にも効果が期待できます。

 

|女性の発毛治療 -FAGAと産後の抜け毛を中心に-
女性特有の薄毛は、その原因が多岐に渡ります。特に多いのが女性型のAGA(female AGA, FAGA)や産後の抜け毛です。
|FAGA
AGAは男性特有の脱毛と考えられがちですが、実は女性にもAGAは存在します。男性のAGAが前頭部、頭頂部を中心とするのに対し、女性では頭皮全体の髪が細く全体的に薄くなるのが特徴です。これは髪を成長される女性ホルモンの量が減ることで、薄毛や抜け毛につながります。このためプロペシアやザガーロでは効果が期待できず、成長因子による毛髪の成長・頭髪の血流改善を期待した育毛剤栄養剤を使用します。
|産後の抜け毛
出産まで妊娠を維持するためのホルモンによって、女性の頭髪は抜けにくい状態となっています。出産によってこれらホルモン環境が変化すると、抜けにくい状態となっていた毛髪が一気に抜けるようになります。通常は産後のホルモンバランスが整ってくれば元の状態に戻ることが多いのですが、より早く正常な状態に近づける目的で、成長因子の含まれた育毛剤を使用します。

 

|その他の脱毛
|円形脱毛症
毛を作り出す毛根に炎症が起き、毛が脱落してしまう状態です。たいていはまるく抜ける(円形)ことが多いのですが、頭全体の毛が抜けてしまうこともあります。治療は炎症・免疫反応をコントロールするための塗り薬、飲み薬を使用し、症状に応じて液体窒素療法やステロイド注射なども行なっていきます。詳しくは「円形脱毛症」もご覧ください。
|各種疾患による瘢痕性脱毛
各種皮膚疾患に伴う二次的な脱毛症です。慢性皮膚エリテマトーデス、毛孔性扁平苔癬、禿髪性毛包炎、頭部乳頭状皮膚炎など、その原因は多岐に渡ります。まずは皮膚生検などにより診断を確定後、原因となっている疾患の治療を優先します。
|内科的疾患に伴う脱毛
甲状腺や副甲状腺、副腎皮質の機能低下により脱毛症を発症することがあります。 また全身性エリテマトーデスや皮膚筋炎などの膠原病に伴い脱毛症を発症することがあります。特に全身性エリテマトーデスでは、脱毛が病勢の勢いと相関することもあると言われています。診断を確定後、原因となっている疾患の治療を優先します。
|薬剤性脱毛
薬によって毛髪の成長が影響を受ける、あるいは頭髪の血流が抑制されることで発症します。化学療法(抗がん剤)は有名ですが、経口避妊薬や高血圧治薬、高脂血症、糖尿病、インターフェロン製剤など、あらゆる薬剤で脱毛症を来すことがあります。薬を始めてから2週間ほどで抜け始め、2か月前後で目立ってくることが多いです。原因となっている薬剤を中止することで改善します。
|身体ストレスによる休止期脱毛
毛髪は成長期(フサフサの毛)→退行期(抜け落ちる毛)→休止期(毛根で休んでいる毛)→成長期というサイクルを繰り返しますが、何らかの理由で休止期に移行したままフサフサの毛にならない状態です。過度なダイエット、手術、内臓疾患、発熱・感染症などの身体的ストレス・心理的ストレスがかかった約2か月後に頭部全体の毛が薄くなります。上記の産後の抜け毛もこれにあたり、髪が細くなったというよりは本数が減った状態となります。
|感染症による脱毛
細菌や真菌が頭髪に感染し、毛髪を破壊して脱毛症をきたします。特に真菌感染ではコンタクトスポーツ(柔道など)をしている方、ペット(猫など)を飼っている方に多いようです。原因菌に応じた塗り薬・飲み薬による治療を行います。

 

 

 

 

緑の森皮フ科クリニック(練馬区石神井公園駅徒歩30秒)

保険診療はもちろん、できものの検査・手術や美容のご相談など、お気軽にお越しくださいませ。ご予定がおわかりになる患者様はご予約(電話予約可)していただききますと、よりスムーズにご案内できます。

一般皮膚科・美容皮膚科・小児皮膚科・形成外科・アレルギー科

院長 大垣淳

TEL 03-○○○○-○○○○