緑の森皮フ科クリニック

皮膚科・美容皮膚科・小児皮膚科・形成外科・アレルギ―科
  • 〒177-0041 東京都練馬区石神井町3-21 第3島光ビル5階
  • ご予約・お問合せ
    tel03-3996-1112

緑の森皮フ科クリニック

電話アイコン電話する アクセス

緑の森だより

Blog

花粉症・花粉性皮膚炎

|当院では花粉症診療も行っています
花粉症はアレルギー性鼻炎の中で特に花粉に原因があるもので、原因となる花粉の飛ぶ時期によって季節性ともいわれます。通年性のものだと、その原因は家のホコリやダニの糞・死骸、またペットのフケやカビも原因となります。

 

|花粉症の原因・症状は?
今や花粉症の人口は1,000万人以上と、日本の国民病と言っても過言ではありません。原因は衣食住環境の変化によるアレルギー体質の増加や大気汚染など、さまざまな要因が考えられています。スギに関して言えば、日本のスギの多くが樹齢30年を超え、花粉の量が著しく多くなっているのが大きな原因とも言われています。
症状には個人差があり、くしゃみ・鼻水・鼻づまりを特徴とします。花粉症といえば主にお鼻の症状に目がいきがちですが、花粉症に始まりアトピー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎、蕁麻疹、食物アレルギー、接触皮膚炎、金属アレルギーなど、アレルギーが関係する病気はたくさんあります。

 

|花粉症による皮膚炎 -花粉症皮膚炎-
スギ花粉が顔・眼瞼・首などの皮膚に直接接触すると、じんましんのような赤みの強い腫れが出現します。特に若い女性に多く、春先や秋に顔が赤くなる場合、化粧・点眼薬・洗剤・毛染めによるアレルギー性皮膚炎以外に、花粉性皮膚炎を念頭におく必要があります。またアトピー性皮膚炎の方はの約3割が、春先にスギによって悪化するとも言われています。

 

 

|花粉症の治療
花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎は、治療を始める前にアレルギーの原因を特定することで、それを遠ざけることも重要となってきます。当院では、アレルギーの原因検索として血液検査を行っており、アレルゲン(アレルギー症状を引き起こす原因となる物質)を特定することも可能です。その上で、アレルゲンを近づけない環境整備、アレルギー止めの飲み薬、ステロイドの塗り薬などによる治療を行います。また近年では、舌下免疫療法も盛んに行われています。

 

|その1 飲み薬
花粉の飛散が始まる2週間前(症状の出る前)から飲み始めると、症状が出てから薬を飲み始めるのに比べて、症状が軽く済むことが多いと言う報告があります。また花粉性皮膚炎に対しては、アレルギー症状を抑えるだけでなく、かゆみを抑えるという効果もあります。

 

|その2 塗り薬
接触皮膚炎診療ガイドラインに準じて、炎症が強い部位にはステロイドあるいはタクロリムスの塗り薬を使用し、炎症が抑えられた段階で保湿剤に変更します。また過度な洗顔など、皮膚のバリアを障害するようなことは控えましょう。花粉アレルゲンは角層を通過できないため、スキンケアにより角層のバリア機能を保つことが予防の重要なポイントです。

 

|その3 舌下免疫療法
2014年から新しく始まった治療法です。これまでは花粉のシーズンにアレルギー症状を「抑える」治療しか存在しておりませんでしたが、アレルギー体質自体を「軽減していく」ことによって、毎年繰り返す花粉症症状を治療します。現時点ではスギ花粉症、またダニ皮膚炎にも保険適応の治療が可能です。

 

 

 

緑の森皮フ科クリニック(練馬区石神井公園駅徒歩30秒)

保険診療はもちろん、できものの検査・手術や美容のご相談など、お気軽にお越しくださいませ。ご予定がおわかりになる患者様はご予約(電話予約可)していただききますと、よりスムーズにご案内できます。

一般皮膚科・美容皮膚科・小児皮膚科・形成外科・アレルギー科

院長 大垣淳

TEL 03−3996−1112

FAX 03−3996−1113