森の宮皮フ科クリニック

皮膚科・美容皮膚科・小児皮膚科・形成外科・アレルギ―科
  • 〒177-0041 東京都練馬区石神井町3-21 第3島光ビル5階
  • ご予約・お問合せ
    tel03-3996-1112

森の宮皮フ科クリニック

電話アイコン電話する アクセス

森の宮だより

Clinic Blog

ほくろを取りたい!

こんにちは!スタッフのAです!

だいぶ暖かくなってきて気持ちが良い日が続いていますね^_^

 

本日は「ほくろ」についてです。

ほくろを取りたいというご相談はとても多く、当院でも毎週のように施術を行っています。

 

ほくろを取る(目立たなくする)方法は、当院では大きく分けて 2 つ あります。

 

①  ほくろを中心に紡錘形(木の葉型)に切り取り、縫い合わせる

これは、ほくろを根本から取りきっていく方法です。線状の手術跡が少なからず残ります。

 

症例1 施術前:鼻下の部分に隆起したほくろがあるのがわかります。

症例1 施術直後:線状の手術となります。

症例1 1か月後:線状の赤みが残ります。

 

症例2 施術前:鼻下の部分に隆起したほくろがあるのがわかります。

症例2 1か月後:線状の赤みが残ります。

 

 

② 表面部分を削る

これはほくろを取りきるわけではなく、  “目立たなくする”  方法です。

 

症例1 施術前:鼻下の部分に隆起したほくろがあるのがわかります。

症例1 施術1か月後:患部には赤み・色素沈着が残っています。

症例1 施術4か月後:若干の赤みは残りますが、ほとんど目立たない状態となっています。

 

症例2 施術前:ほくろ以外のイボも、もちろん施術することができます。

症例2 施術1週間後:患部には赤み・色素沈着が残っていますが、この時点でお化粧も可能です。

 

症例3 施術前:顔以外のほくろ(矢印)も、もちろん施術することができます。(◯はイボの治療も行っています。)

症例3 施術1週間後:患部には赤み・色素沈着が残っていますが、この時点で通常の日常生活が可能です。

 

 

いずれの方法も施術後1週間程 ご自宅で簡単な処置と、絆創膏での保護が必要となります。

 

〈施術の流れ〉

事前に医師の診察(カウンセリング・悪性のチェック)、施術のご予約が必要です。

  1.  注射で局所麻酔をする(痛みが心配な方は、注射前に麻酔クリームもございます。※別途1,000円頂戴します。)

2.  上記の①か②を施術

3.  軟膏処置をして終了

所要時間は10-15分程です。

4. 1週間後に傷のチェックの診察

 

〈料金〉

5,000円〜

施術やほくろの大きさ、部位や形状によって異なりますので診察時にご案内させていただきます。

※詳しい料金はこちら→「料金表」

 

 

まずはお気軽にご相談ください^_^!

 

医療法人社団伸緑会 森の宮皮フ科クリニック(練馬区石神井公園駅徒歩30秒)

(旧 緑の森皮フ科クリニック)

保険診療はもちろん、できものの検査・手術や美容のご相談など、お気軽にお越しくださいませ。

ご予定がおわかりになる患者様はご予約(電話予約可)していただききますと、よりスムーズにご案内できます。

一般皮膚科・美容皮膚科・小児皮膚科・形成外科・アレルギー科

院長 大垣淳

TEL 03−3996−1112

FAX 03−3996−1113