森の宮皮フ科クリニック

皮膚科・美容皮膚科・小児皮膚科・形成外科・アレルギ―科
  • 〒177-0041 東京都練馬区石神井町3-21 第3島光ビル5階
  • ご予約・お問合せ
    tel03-3996-1112

森の宮皮フ科クリニック

電話アイコン電話する アクセス

森の宮だより

Clinic Blog

多汗症の患者様へ 当院では、新しいお薬の治験を行っています。

|原発性腋窩多汗症の患者様へ わきの汗でお困りの方へ 当院では、新しいお薬の治験を行っています。     治験の内容 〇参加期間:5週間(1回/週 来院) *治験薬の使用は4週間です 〇治験薬:1日1回 夜就寝前にわきを拭いていただきます   ご参加いただける方 〇明らかな原因が無いわきの汗で6か月以上お困りの方 〇男女問わず、9歳以上で、文書による同意をいただける...

そろそろ、スギ花粉症の季節です

| スギ花粉症 治療 こんにちは(^^)/ スタッフのHです。   急に、グッと冷え込みましたが、みなさん、お身体の調子いかがですか?   冬は始まったばかりなのですが、すでに春が待ち遠しいです(^O^) しかーし、春は春で、辛いこともあります(>_<) そうです!“花粉症”です 朝、目覚めたとたん、くしゃみが止まらないとか、鼻をもぎ取ってブ...

粉瘤(アテローム)

こんにちは(^^)!スタッフのAです。 年の瀬になり皆様お忙しく過ごされてる事かと思います。 体調は崩されていないでしょうか。   今日は、粉瘤(アテローム)についてです。   当院では粉瘤など、できものの手術を積極的に行っています。   粉瘤とは、体のどこにでもできるできもの、しこりです。通常は中央に臍(へそ)と呼ばれる入り口があり、ここを中心に皮膚の下に袋ができて...

たこ、うおの目

|症状 足への物理的圧迫により、角質が厚くなった状態です。厚みを持った状態をたこ、さらに角質が棘のように奥まで厚くなり、痛みを伴うようになった状態をうおの目と言います。 |治療 治療は厚くなった角質を薄くすることですが、原因が物理的刺激によって形成されたものである以上、圧迫されている原因のコントロールも必要です。自己処置で削ることにより細菌感染をきたす可能性もありますので、処置の際には医療機関を受...

イボ

|どんな症状? 手や足、時には顔や陰部など、小さな傷・肌荒れから侵入したウイルス(ヒトパピローマウイルスと言います)による感染症です。その見た目からミルメシア、扁平疣贅、尖形コンジローマなど様々な種類があり、時には皮膚ガンのような臨床を呈することもあります。   |治療 感染症といっても抗生剤の内服で治すことは難しく、液体窒素や漢方の内服を行っていきます。お子様だけでなく大人でも、痛みに...

ニキビ

|ニキビは早めの治療が大切です ニキビは人生のうち、9割の方が経験する皮膚疾患です。ごくありふれた疾患であるにも関わらず、ニキビで医療機関を受診されるのはごくわずかです。ニキビは誰でもできるものだから放っておいても良いという訳ではありません。ニキビは放っておくと、ニキビ痕となり、時間が経ってからも傷跡として残ってしまいます。そのため早いうちから治療を行い、ニキビ痕にさせないことが大切です。 |治療...

多汗症

|どんな症状? 汗の量が多い状態は多汗症と呼ばれます。体の一部分に汗を多量にかく状態は局所多汗症と呼ばれ、ワキ、手のひら・足の裏に多く汗をかきます。精神的緊張に伴って汗をかくことが多い部位ではありますが、多汗症はとくに病気がなく健康な人に発症し、汗が滴って生活に支障をきたすほどとなります。手のひら・足の裏の多汗症は青年期(10−40代)の方に多く、年齢とともに自然に治る方も大勢います。 |検査 汗...

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

|症状と検査 手のひら、足の裏に水疱(水ぶくれ)、膿疱(うみ)を繰り返す疾患です。原因ははっきりわかっていませんが、扁桃腺炎、金属アレルギー、喫煙習慣が悪化因子として考えられており、これらのコントロールも必要です。一見するとあせも、あるいは水虫と似たような症状のこともありますので、水虫の検査も検討します。また金属アレルギーが疑われる場合には、アレルギー検査(金属パッチテスト)も検討します。 |治療...

毛孔性苔癬

|症状 思春期頃から出現する、二の腕や太もものブツブツ、ザラつきです。冬場に多く、人によっては頬にも同じような症状ができることもあります。毛穴の角化(角質がたまってしまうこと)が原因で、「ノースリーブが着られない」など女性からのご相談が多いです。 |治療 角質を軟らかくする塗り薬(保険適応)を使用しますが、それでも不十分な場合にはケミカルピーリングを定期的に受けるとより効果的です。   ...

たこ、うおの目

|どんな症状? 足への物理的圧迫により、角質が厚くなった状態です。厚みを持った状態をたこ(胼胝)、さらに角質が棘のように奥まで厚くなり、痛みを伴うようになった状態をうおの目(鶏眼)と言います。 |治療 治療は厚くなった角質を薄くすることですが、原因が物理的刺激によって形成されたものである以上、圧迫されている原因のコントロールも必要です。自己処置で削ることにより出血・細菌感染をきたす可能性もあります...
1 2 3 4